メール

直線上に配置
札幌マック女性共同作業所
 1978年アルコール・薬物依存症から回復したカトリックの神父が、アメリカの中間施設のプログラムをモデルに東京に設立したのが始まりです。
 この施設はアルコール・薬物依存症者をその病的な依存から立ち直る手助けとしてアルコール・薬物を断つ事は勿論、回復に必要な『生きることに対する支援』を目的として、日本で最初に設立されたデイケア・リハビリテーション施設でした。

 その活動と実績『アルコール・薬物依存症に回復はある』という事実は1994年行政に認められ、時の厚生省から保健文化賞を受賞し、マックの存在は広く社会に知られるようになりました(現在は東京の他、札幌、大阪、名古屋、京都、広島、横浜、埼玉、新潟にあります。 

 現在札幌マックは、著名な先生方や有識者をはじめ多くの方々に支えられながら、『ジャパンマック』の一員として女性専用の施設を持つ道内では唯一の施設として活動しております。

 マックは、アルコール・薬物依存症者が回復、社会復帰していくための中間施設です。

札幌マック駅前相談室
作業所紹介
入居施設案内
一日・一週間のスケジュール
生き方を分かち合う
場所への道案内
NPO法人札幌マック
札幌マック定款
独立行政法人福祉医療機構/平成24年度「社会福祉振興助成事業」―依存症回復支援施設の連携を目指す―関係書類(含む報告書)はここから閲覧できます

※札幌マック駅前相談室は札幌こころの診療所移転に伴い3月末日をもって業務を終了いたします。